【気まぐれ企画】一問一正文~第34回問題104~

福祉試験対策工房より


「ゴメンね企画」の反響が結構あったので、せっかくだから新たな企画として、過去問の正しかった選択肢を掲載してみようと思います。


使用する過去問は、主に「社会福祉士」です。

誤りなどがあれば、コメント欄で教えてください。



では、第34回問題104をご覧ください。




問題 104 相談援助の過程における介入(インターベンション)に関する次の記述のうち,適切なものを 2つ選びなさい(ただし,緊急的介入は除く)。

1 介入は,ソーシャルワーカーと医療・福祉関係者との契約によって開始される。

2 介入では,ケース会議などを通じて社会資源の活用や開発を図る。

3 介入は,クライエントや関係者とのパートナーシップを重視して進められる。

4 クライエントのパーソナリティの変容を促す方法は,間接的な介入方法である。

5 コーズアドボカシーは,直接的な介入方法である。


正解:2と3



【一言】

相談援助過程の介入についての問題です。実際の支援での注意事項を知っていれば対応できると思います♪


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示