top of page

【気まぐれ企画】一問一正文~第34回問題118~

福祉試験対策工房より


「ゴメンね企画」の反響が結構あったので、せっかくだから新たな企画として、過去問の正しかった選択肢を掲載してみようと思います。


使用する過去問は、主に「社会福祉士」です。

誤りなどがあれば、コメント欄で教えてください。



では、第34回問題118をご覧ください。



問題 118 事例を読んで,X病院に勤務するF医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)のこの段階における対応として,適切なものを 2つ選びなさい。

〔事 例〕

Gさん(55 歳)は 3 年前に妻と離婚後,市内で一人暮らしをしていた。Gさんは糖尿病で,X病院に通院してきたが,仕事が忙しく,受診状況は良好ではなかった。

ある日,Gさんは街中で倒れ,救急搬送されそのままX病院に入院となった。Gさんの糖尿病はかなり進行しており,主治医から,今後は週三日の透析治療を受ける必要があり,足指を切断する可能性もあることを告げられた。Gさんは,「どうしてこんな目に遭わなければならないのか」とつぶやいた。主治医は,相談室のF医療ソーシャルワーカーに,Gさんの生活相談に乗ってほしいと依頼した。F医療ソーシャルワーカーは,Gさんの思いを受け止めた上で,相談に乗った。

1 相談室の役割を説明し,引き続きの支援の中で活用できる制度やサービスの紹介をしていきたいと伝える。

2 今後の病状の進展によっては,足指の切断も必要ない場合があるので,諦めずに希望を持ってほしいと伝える。

3 今後の暮らしの変化について,収入面や就労継続等の生活課題を整理する。

4 今までの仕事優先の生活を改めるよう指導する。

5 同じような状況にあった人のことを例に挙げ,Gさんも必ず乗り越えられると励ます。




正解:1と3



【一言】

医療ソーシャルワーカーの対応についての事例問題です。「保健医療サービス」の科目でも出題されそうな内容ですね。。。まずは「信頼関係の構築」が鉄則です。これを踏まえれば簡単かもしれません。






閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page