【気まぐれ企画】一問一正文~第34回問題33~

福祉試験対策工房より


「ゴメンね企画」の反響が結構あったので、せっかくだから新たな企画として、過去問の正しかった選択肢を掲載してみようと思います。


使用する過去問は、主に「社会福祉士」です。

誤りなどがあれば、コメント欄で教えてください。



では、第34回問題33をご覧ください。




【第34回 問題33】


問題 33 地域福祉の主体に関する,次の社会福祉法の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 地域住民は,相互に人格と個性を尊重し合いながら,個人の自立の助長を目指して活動を行わなければならない。

2 地域住民,社会福祉を目的とする事業を経営する者,社会福祉に関する活動を行う者は,相互に協力し,地域福祉を推進するよう努めなければならない。

3 社会福祉協議会は,社会福祉を目的とする事業の実施のため,福祉サービスの提供体制の確保や適切な利用推進の施策等の必要な措置を講じなければならない。

4 地域住民等は,地域福祉の推進に当たって,経済的課題を把握し,その解決を行う関係機関との連携により,課題の解決を図らなければならない。

5 国及び地方公共団体は,民間企業との有機的な連携を図り,福祉サービスを効率的に提供するように努めなければならない。



正解は「


【一言】

地域福祉の主体についての問題です。何らかの形で毎年のように出題されています。だいたい社会福祉協議会が含まれます。今回の正解の選択肢は、社会福祉法第4条第2項の条文からの抜粋でした。「見たことある!」と思った受験生も多かったと思います。





閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示