【気まぐれ企画】一問一正文~第34回問題50~

福祉試験対策工房より


「ゴメンね企画」の反響が結構あったので、せっかくだから新たな企画として、過去問の正しかった選択肢を掲載してみようと思います。


使用する過去問は、主に「社会福祉士」です。

誤りなどがあれば、コメント欄で教えてください。


では、第34回問題50をご覧ください。



【第34回 問題50】


問題 50 「平成 30 年度社会保障費用統計」(国立社会保障・人口問題研究所)による2018 年度(平成 30 年度)の社会保障給付費等に関する次の記述のうち,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 社会保障給付費の対国内総生産比は,40 %を超過している。

2 国民一人当たりの社会保障給付費は,150 万円を超過している。

3 部門別(「医療」,「年金」,「福祉その他」)の社会保障給付費の構成割合をみると,「年金」が 70 %を超過している。

4 機能別(「高齢」,「保健医療」,「家族」,「失業」など)の社会保障給付費の構成割合をみると,「高齢」の方が「家族」よりも高い。

5 社会保障財源をみると,公費負担の内訳は国より地方自治体の方が多い。


正解:4


【一言】

統計問題です。統計問題は、例年複数問出題されていますが、それほど数は多くないので、具体的な数字までは覚えなくてもいいと思います。キリのよい数字で1億円より多いとか、構成割合は、高齢>家族の順に高いとか、そんな部分を理解すれば良いでしょう。

今回の「社会保障費用統計」は、出題頻度が高いので要チェックです♪




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示