【気まぐれ企画】一問一正文~第34回問題97~

福祉試験対策工房より


「ゴメンね企画」の反響が結構あったので、せっかくだから新たな企画として、過去問の正しかった選択肢を掲載してみようと思います。


使用する過去問は、主に「社会福祉士」です。

誤りなどがあれば、コメント欄で教えてください。



では、第34回問題97をご覧ください。



【第34回 問題97】


問題 97 事例を読んで,生活困窮者を対象とした自立相談支援機関で相談に当たっているD相談支援員(社会福祉士)のこの段階における対応として,適切なものを 2つ選びなさい。

事 例〕

Eさん(45 歳,女性)から相談窓口に,「毎日不安でたまらない。どうしたらよいか」という電話があり,その結果,来所面接となった。Eさんは独身で,兄弟はおらず,両親を 15 年前に相次いで亡くしている。高校卒業後,様々なパートタイムの勤務をしたが長続きはせず,現在は失業中である。軽度のうつ病のため通院しており,主治医からは時間をかけて治療していきましょうと言われている。両親の没後,古い家を相続して住んではいるが,一時,収入があると,物を購入することがやめられず,家中が物で溢れている。既に,手持ちの資金が底をついており,就労を考えたこともあるが,勤務先でのつらい体験が思い浮かび,何事をするにも自信が持てない。また,友人など周囲に相談できる人はほとんどおらず,孤立感を感じている。

1 生活困窮者一時生活支援事業の利用を勧める。

2 生活福祉資金貸付制度の利用を勧める。

3 債務処理に詳しい司法の専門家と連携を取る。

4 Eさんの症状を把握するため,Eさんの了解を得て,通院先の病院と連携を取る。

5 地域での孤立感を軽減するため積極的にボランティア活動へ参加することを提案する。



正解:3と4



【一言】

社会福祉士の対応についての事例問題です。試験問題の場合、相談援助の基本は、事実確認チームアプローチだと捉えて良いでしょう。各領域の専門家・専門機関と連携を図ることが適切です。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示