[ゴメンね企画]第24回ケアマネ試験の解き方の視点・コツ・簡易解説~問題04

福祉試験対策工房より

常に心の片隅にはあったのですが、なかなか作業が進まず、今に至りました。今更販売してもということで、今年は切り替えました!「今年はケアマネ試験小鳥たちのチェックシートを販売できずにゴメンね企画」として、昨年の試験問題をblogに掲載して、簡単に問題の解き方の視点やコツ、簡易解説を加筆しますので、是非、試験対策に役立てて下さい。

今年のケアマネ試験までに全問掲載予定です。どうぞよろしくお願い申し上げます。


なお、誤字や解答に誤りがあった場合、お問い合わせからご指摘下さい。

後日、訂正等の対応をします。


それでは「問題4」をご覧ください。


問題4 介護保険の第2号被保険者について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 .第2号被保険者は、市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の者すべてである。

2 .第2号被保険者のうち保険給付の対象者は、特定疾病を原因として要支援・要介護状態になった者である。

3 .第2号被保険者の保険料は、被保険者が住所を有する市町村が徴収する。

4 .第2号被保険者の保険料は、地域支援事業のうちの任意事業の財源には充当されない。

5 .第2号被保険者は、要介護3以上であっても、指定介護老人福祉施設には入所できない。


<解き方の視点と簡易解説>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2号被保険者に関する設題です。第1号被保険者よりもややマイナーな内容です。第2号被保険者の「市町村区域内に住所を有する40歳以上65歳未満までの医療保険加入者」という定義だけは最低でも暗記しましょう。

第2号被保険者の保険料は、医療保険者が徴収します(選択肢3)。

第2号被保険者であっても、要介護3以上であれば、指定介護老人福祉施設に入所することは可能です。

ここの出題内容は、介護保険の基礎的な部分ですので、理解できるまで学習した方が良いかと思います。


正解:2と4


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示