[ゴメンね企画]第24回ケアマネ試験の解き方の視点・コツ・簡易解説~問題23

福祉試験対策工房より

常に心の片隅にはあったのですが、なかなか作業が進まず、今に至りました。今更販売してもということで、今年は切り替えました!「今年はケアマネ試験小鳥たちのチェックシートを販売できずにゴメンね企画」として、昨年の試験問題をblogに掲載して、簡単に問題の解き方の視点やコツ、簡易解説を加筆しますので、是非、試験対策に役立てて下さい。

今年のケアマネ試験までに全問掲載予定です。どうぞよろしくお願い申し上げます。


なお、誤字や解答に誤りがあった場合、コメント欄からご指摘下さい。

後日、訂正等の対応をします。


それでは「問題23」をご覧ください。


問題23 生活保護世帯のAさん(78歳、要介護3)は、夫(84歳、要支援2)との二人暮らしである。Aさんは日常的に居宅サービスを利用しているが、夫自身は介護保険のサービスの利用を望んでいない。Aさんから電話があり、「自宅での生活が厳しくなってきたので、二人で施設に入所したいのですが、福祉事務所のケースワーカーからは夫の介護度では二人一緒の入所はできないと言われてしまいました。どうしたらいいでしょうか」との相談があった。

介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 .福祉事務所のケースワーカーに発言の意図を確認する。

2 .直ちにAさんへの居宅サービスの追加を調整する。

3 .Aさんとの面談日を調整する。

4 .地域包括支援センターに、夫がサービスを利用するように説得を依頼する。

5 .Aさんが利用している居宅サービス事業所に連絡し、最近のAさんの様子等に関する情報を収集する。



<解き方の視点と簡易解説>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事例問題です。事例問題は、他の問題に比べて容易なので、説明不要かもしれないですね。もしも解答に悩んだら、利用者を自分自身だと思って考えてみると、良いと思います。電話で相談しただけなのに、いきなりサービスが追加されたり、夫を説得するよう依頼されたりしたらビビりますよね♪こんな感じの捉え方でも正解することは可能です。


正解:1と3と5



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示