top of page

第36回(令和5年度)社会福祉士国家試験の試験問題一問一答解説 問題33

福祉試験対策工房より

次回試験からカリキュラムが変更されてしまうけれど、試験内容はそこまで大きく変わらないようです。そこで、最新試験問題を1問ずつ掲載し、問題作成者からの視点で問題を解説していこうと思います。長丁場になるかもしれませんが、どうぞお付き合いください。


「科目:地域福祉の理論と方法」

問題33  地域福祉に関連する法律、事業に規定されている対象に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1  ひきこもり支援推進事業の対象となるひきこもり状態にある者のひきこもりとは、「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」によれば、原則的には2年以上家庭にとどまり続けていることをいう。

2  ヤングケアラー支援体制強化事業におけるヤングケアラーとは、家族への世話などを日常的に行っている18歳から39歳までの者をいう。

3  生活福祉資金の貸付対象における低所得世帯とは、資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金の融通を他から受けることが困難である者をいう。

4  生活困窮者自立支援法における生活困窮者とは、最低限度の生活を維持できていない者をいう。

5  日常生活自立支援事業の対象者とは、本事業の契約内容について理解できない者のうち、成年後見制度を利用していない者をいう。

(注)  「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」とは、厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業(厚生労働省)においてまとめられたものである。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

正解:3

地域福祉に関連する法律、事業に規定されている対象についての問題です。「ヤングケアラー」は今後の試験でも出題される内容なので、キーワードとして学習していきましょう。

ここでは、単純な価値観で判断して良いと思います。。「2年以上」=「長くね?」、「39歳」=「ヤングではないし」という感じで判断していくと、正解に近づけます。



以上です。次回に続く。。。



閲覧数:0回0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page