top of page

第36回(令和5年度)社会福祉士国家試験の試験問題一問一答解説 問題4

福祉試験対策工房より


次回試験からカリキュラムが変更されてしまうけれど、試験内容はそこまで大きく変わらないようです。そこで、せっかくなので、最新試験問題を1問ずつ掲載し、問題作成者からの視点で問題を解説していこうと思います。長丁場になるかもしれませんが、どうぞお付き合いください。


「科目:人体の構造と機能及び疾病

問題4  目の構造と病気に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1  眼球の外層にある白目の部分は角膜である。

2  白内障は水晶体が混濁してものが見えにくくなる。

3  緑内障は眼圧が下がって視野障害を来す。

4  加齢黄斑変性症では視力は保たれる。

5  糖尿病性網膜症では失明は起こらない。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

「正解:4」

目の構造と病気に関する内容で、新カリキュラムでも医学概論あたりで出題されそうな問題です。

「白内障=水晶体の混濁」は、絶対に覚えるべき内容です。またセットで、緑内障、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症も調べて理解しておけば対策としてGOODだと思います。


以上です。次回に続く。。。


閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page