「ちらっと確認」


息子(3歳)は、妻と一緒に保育園に行くことが多いですが、稀に私と一緒に行くことがあります。私が送る場合は、妻よりも30分以上遅く出発します。なので、妻が出発した後は、自宅で2人きりです。

私は、自宅の一室を事務所として使用しているため、息子からすると「仕事場=パパの部屋」です。妻が出発すると、息子はテレビを見たり、玩具で遊んだりしています。一方、私は、「パパの部屋」の扉を開放して、集中しすぎない程度に仕事をしています。

人形遊びをしてくれると、「倒してやる!」「まてっ!」などのセリフを発しているので、無言が続いた場合や大きな音がした場合だけ、様子を確認しにいくというスタンスでいられるので、非常に助かります。 そして、もっと助かっているのが、隣の部屋などで一人で遊んでいても、5分に一度くらいの間隔で、私がいるかを確認しに来てくれます。 私は、自室の扉に対してほぼ背を向けているのですが、横目やパソコンの画面などで、息子がひょこっと覗いているのが分かります。私が気付かないフリをしていると、仕事への気遣いなのか、無言で立ち去って遊びの続きに戻ります。

息子からすると、「パパは大丈夫かな?」と思っているかもしれませんね。

パパは大丈夫ですよ。気遣いありがとうございます。息子。

まだ3歳なので、本来なら30分ちょっとを一緒に過ごすということが望ましいと思いますし、目を離すのは正直恐いですが、徐々にでもお互いにそのような経験を積んでいかなければいかないのかなぁ~とも思う、今日この頃です。

=もう1つのブログはいかがですか= ぼぼ屋の新作情報Blog → こちら

#育児

2回の閲覧

Copyright © 2016-2020 福祉試験対策工房&ぼぼ屋 All Rights Reserved.

  • Instagram
  • Facebook page