top of page

【気まぐれ企画】一問一正文~第34回問題150~(終)

福祉試験対策工房より


「ゴメンね企画」の反響が結構あったので、せっかくだから新たな企画として、過去問の正しかった選択肢を掲載してみようと思います。この企画は、今回で終了です。また新たな企画を考えてやっていきたいと思います。



では、第34回問題150をご覧ください。


問題 150 事例を読んで,B社会復帰調整官の業務として,最も適切なものを 1つ選びなさい。

〔事 例〕

保護観察所のB社会復帰調整官は,「医療観察法」に基づく処遇の対象者であるCさん(30 歳)を担当することになった。Cさんは「医療観察法」第 107 条に規定されている「守るべき事項」により届け出た居住地で生活している。


1 Cさんの居住地の保護司にCさんの処遇判断を委ねる。

2 Cさんの「守るべき事項」に,必要に応じて新たな事項を加える。

3 Cさんの通院状況や生活状況を見守るとともに,必要な指導を行う。

4 Cさんの病状が悪化した場合,指定入院医療機関への入院を決定する。

5 Cさんの病状が安定した場合,「医療観察法」による医療の終了を決定する。

(注)「医療観察法」とは,「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」のことである。


正解:3



【一言】

社会復帰調整官の業務についての事例問題です。医療観察法が絡んでいるので、ややややこしい感じになっています。とはいえ、法律を知らなくても、一番無難な対応をしているのが正解となります。







閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page